• ホーム
  • 中古ドメインを利用するメリットとデメリット

中古ドメインを利用するメリットとデメリット

パソコンを使う男性

家電でも服でも中古のものと言えば、古い分お値段も安くなります。
とはいえ、プレミアのついたようなものは逆に何十倍・何百倍にもお値段が跳ね上がることもあり、一概に古いものイコール安いとも言い切れないのです。

中古ドメインだって、品質にこだわればそれだけお値段は上がります。
それでも中古ドメインを利用するのは、アフィリエイトを行なううえでメリットがあるからです。

中古ドメインのアフィリエイト上のメリット、やはり一番はSEO効果があるということでしょう。
ドメインエイジが長いと被リンク数が多くなるので、労力や時間をかけて被リンク数を稼ぐ必要がなくなります。
すなわちドメインエイジが長いものほど品質はよく、お値段も高くなるというわけです。
検索順位を引き継ぐ可能性だってありますし、早い段階から検索エンジンからの評価対象となりやすいです。

新規ドメインとのスタートラインの違いが明白な中古ドメイン、過去の資産を活かせば一気にトップに躍り出ることが出来るかもしれない、そのために人々は利用しています。
なにしろアフィリエイト人口は増加していますし、なによりインターネット上にはブログをやったりしているライバルたる人たちはとにかくたくさんいます。
少しでも前方でスタート出来て早く進んでいけるように、それを手助けしてくれるのが中古ドメインです。

とはいえ、販売している中古ドメインの選び方には注意をしないとデメリットも数多くあるのです。
選び方次第では、スタートラインが前に行くどころか新規ドメイン利用者と比べてかなり後ろ・圏外に飛ばされることもないとは言えず、そこが最大のデメリットです。

もしも取得したドメインが過去に検索エンジンからペナルティを受けているなら、その情報もまた引き継がれてしまうこととなります。
自身が起こしたペナルティなら仕方ないと諦められるでしょうが、誰か知らない相手のやったことでSEO対策をしても思うように効果が出ず、コストパフォーマンスが落ちていくのは恐ろしいことです。
そういったリスクをも引き継がねばなりません。

文字列だって引き継ぐことになります。
ブランドイメージを大切にしたい・パッと見て相手に分かるような文字列にしたいと考えている方は、中古は辞めておいた方が良さそうです。
希望する文字列に近いものを見つけ出すのは困難です。

このように、メリットだけでなくデメリットも持っていることは知って中古と新規どちらが良いのか選ぶようにしてください。

サイト内検索
人気記事一覧