• ホーム
  • 外部対策の種類と方法について

外部対策の種類と方法について

ホームページの外部要因を改善することでSEOの効果を高めることを、外部対策と言います。具体的なやり方としては、とにかく被リンクの数を増やすことです。もちろん自作自演の被リンクでは意味がありません。業者に依頼した場合にも、未だに外部対策のやり方として行っているところもあるので注意が必要です。そこでペナルティを受けて圏外に飛ばされてしまっているようでは意味がありません。

Googleからのペナルティを受けることなくSEO対策を行うのは大変です。
たとえば相互リンクがあります。同じジャンルのサイト・親しい運営者達と相互リンクをしようと持ちかけ、お互いにリンクを張り合うのです。かつては一般的に行われていたものの、今ではほとんどSEO効果がなくなり、むしろペナルティの危険性も出てきたのです。Googleではあらゆるものを罰しています。過剰なリンク交換は、品質に関するガイドラインで禁止しているわけです。

サテライトサイトもまたペナルティギリギリのラインです。サテライトサイトとは、メインとなるサイトのサブ的役割をもちアクセスを誘導するのです。SNSを活用することでより多くの人たちにコンテンツを閲覧してもらっているということもあります。ギリギリラインを見極める必要はあるものの、とにかくユーザーを集めるのはアフィリエイトにおいて重要、試してみてもよいかもしれません。

低品質・悪質な被リンクによって、自分では意図せずペナルティを受けることもあり、定期的に被リンクチェックも行ってください。サーチコンソールなどの解析ツールを使えば、労せず確認することは出来ます。

外部対策というと、いずれもペナルティとの挟間にあるリスクが高いものばかりです。対ユーザーとなるのでそれなら自分の努力ではどうにもならないのではと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。とにかく良質なコンテンツ作りを心がけることです。ユーザーにとって有益な情報を提供できており、論理的な構成で読みやすくなっていること・ユーザーの興味を惹きやすいタイトルとなっているかどうかなど、こだわって作り上げましょう。自身でやるのに能力不足を感じるならば、クラウドソーシングで外注しても良いのです。小手先の小細工を繰り返していたら目をつけられます。ユーザー目線に立ったコンテンツ作りこそ、SEOの外部対策において必要不可欠となることを知っておいて下さい。