• ホーム
  • 記事外注で効率よく稼ぐには?

記事外注で効率よく稼ぐには?

色々なSNSのアイコン

誰もが文章力が十分にあるとは言えません。しかしながら国語が昔から苦手だったという方はアフィリエイトを出来ない、そういうことでも無いのです。たとえ文章力があっても記事を書く時間が無いという方もいます。効率的に時間を上手く使ってアフィリエイトを行おうというのならば、クラウドソーシングを考えてみるのもおすすめです。

クラウドソーシングというのは、アウトソーシングの一形態・記事外注をするわけです。ネットを通じて不特定多数のライターに作業を募集し、代わりに記事を書いてもらうのです。何らかの資料を提示して、それを使ってリライトしてもらうこともあります。どのようなテーマでどれくらいの文字数で、など細かく指示しておけばライターさんが代わりに書いてもくれますから、その分時間を有効に使うことが出来ます。文章の雰囲気なども伝えておけば自身の書いたものと似通った雰囲気で出来上がり、記事外注したことを気付かれる心配もありません。

リライトにしろ一から文章を考えてもらう場合にも、クラウドソーシングには費用が発生します。ライターさんは求められた記事を書く代わりに、それに見合った報酬をもらえるよう契約をしているというわけです。もちろん、自身で書くよりも効率的に物事を進めることは出来ますが、契約によって発生した費用の方が高いのであれば意味がありません。記事外注を行うかどうか、そこで考えなければならないのが費用対効果です。

自身で記事を書くのならばゼロ円、でもその時間を使って本業のお仕事をやって稼ぐことが出来るのならばその方が高収入に繋がる場合が多いでしょう。自分は文章力がなく、頑張ってもまとまりのあるユーザーに喜んでもらえる文章が書ききれないという時には、文章を書くプロであるライターさんに任せた方がアフィリエイトでの順位が上がってお金が入ってくる可能性が高くなるということもあるわけです。

ゴーストライターに頼んでいるようで世間に対して申し訳ないと思われているかもしれませんが、必ずしも自身で書かなければならないといった法律はありません。ユーザーとしても、読みにくい文章を読み続けるという苦痛を味わうくらいなら、自身が望む情報を最適な形で手に入れられる方が断然良いに決まっています。とにかく費用対効果を考えながら、どういった形でアフィリエイトを進めていくか検討しましょう。とにかくこまめにデータを更新する方がユーザーを逃さないのですが、1人の方がそういくつも書き続けていくことは難しいです。

サイト内検索
人気記事一覧