• ホーム
  • 読まれる記事のライティングのコツ

読まれる記事のライティングのコツ

とにかくユーザーにあなたのサイトにたどり着いてもらうことが第1段階ならば、その後も興味を持って読み続けてくれる記事・惹き付ける記事作りが重要です。惹きつける記事とはどういったものなのでしょう。アフィリエイトにおいて、ライティングの技術というのは重要な位置を占めています。

とはいえ、雑誌や書籍といった紙のメディアと違い、ブログやサイトなどはコピーライティング・すなわちいかに人々の興味を惹きつけて読み進めてもらえるかというのが重要となります。雑誌であればお金を出してその文章を読もうとしているのですが、WEB媒体だと、たまたま目に留まったというのが前提となっているからです。読むことに対するユーザーの目的意識が低い分、特に注意が必要となるのは書き出し・すなわちトップコピーです。

記事タイトルとフック・書き出しの2つのパーツの書き方次第で、そのコンテンツに惹きつけることが出来るか・やっぱいいやと読むのを辞めてしまうか対応は180度違ってきます。

それを読めば得すること・最新の情報であること・その情報が好奇心を刺激することを、相手に伝わるような書き出し・見出しを心がけましょう。サイトコンテンツをチェックした方が見出しで引っかかってくるようにするのです。

惹きつけたユーザーを放さないのが構成の中心となるボディコピーです。ここで論理的に納得できる内容でないと、やっぱり面白くないやと離れていってしまうのです。お店の看板やショーウインドーに並んでいる商品を見て入ってきた客が、品揃えを見て結局買わずにそそくさと退散していってしまうようなものです。論理的な書き方が難しいというならば、クラウドソーシングなどプロに頼むしかありません。自身で確固たる論理を持っていたり他の人に負けないだけの知識を手に入れていて、それをボディコピーに活かすことが出来れば大きな力となります。

被リンクを貼ろうと思ってくれること・何よりその商品をチェックし購入まで至ってくれることこそが、アフィリエイトの収益に繋がります。構成の最後まで気を抜くことは出来ません。ボトムコピーで求める行動を取ってもらえるよう、上手く持っていかなければならないのです。そしてちょうど買おうと思っていたところにそれに見合った商品があってボタンが用意されていて、そうすればきっとユーザー達はこぞってそのボタンを押してしまうことでしょう。

まずは惹き付ける、そして離さないよう理論的に展開して行きそして、ボタンを押すという一連の流れが出来ているのが読まれる記事です。